読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴェルシス250君レビュー

最近放置していたクソザコナメクジことユメタマです…

 

や り ま し た


f:id:yumetama:20170417203529j:image

 

今回はヴェルシス君を納車したのでブログ更新の運びとなりました(唐突)

 

まず、500kmの走行を終えて見ての感想


f:id:yumetama:20170417200909j:image

 

てな感じでぇ…

 

エンジン性能

 

当方は元々ZX9R君を乗り回してるのだが、ヴェルシス君はねっとりジェントルなエンジン特性で慣らしが終えてないのだが250特有の元気のいいトルクをビンビンに感じまくっているゾ

 

そもそもかの有名のNinja250のエンジンだから悪いわけねぇよなぁ?

 

4000回転だと物足りなく感じるが、むしろ今後の伸び代を考えるとすごく楽しみである。そもそも250は回してナンボなところがあるからならし程度の回転数では良さが把握しきれない。

 

ライダーが慣れていないせいで発進がガバガバになる時があれどクーンと素直なエンジンは好感が持てる。早く野生解放したいところなんだよなぁ…

振動で困ったこともないしパラツインくん有能やなぁって…

 

ポジション

あ、これかぁ!!(NC750)

 

なんか似てるなぁと思ったら大型教習車君じゃないか!!すっごい似てる…似てない…?

 

直立のニーグリップに適したポジションははっきりいって扱いやすいし、素直。ハンドルが高いぶん、おまんじゅう形のスクリーン君(ダサい)が風をほぼ軽減してくれる。顔は守ってくれないけどすごく実用の範疇である。

 

stand(ネイティブ)した時にもタンク形状から安定するし、ハンドルが高いのでそもそも安定している。回旋時にもケツもずらさずリーンイン、アウトでスパスパ寝てくれる。自然と後輪荷重になるからコーナーが気持ちよくてイキソイキソ…

 

シート

ほんまギルティ…


f:id:yumetama:20170417202905j:image

SS的なポジだと、首肩腕が平等に痛くなるのだが、ヴェルシス君だと腰の一点集中で腰、ケツがこわれるわぁ…(しんみり)

 

大人しくゲルザブ入れますぅ…

 

積載



f:id:yumetama:20170417203618j:image

まだホムセン箱積載試してないですが、これは楽そう(小並感)

 

サイドパニアは小物しか入らないボルトオンのガバガバ設計。通勤程度ならサイッキョこれ!!

 

キャンツー目指すなら積載削減か大人しくパニア+サイドパニアを買おうね!!つけるところいっぱいあるから!

 
f:id:yumetama:20170417221647j:image
f:id:yumetama:20170417221658j:image
f:id:yumetama:20170417221726j:image


総括

ヴェルシス250はツーリング向きなのがよくわかった。実際このバイクで林道に行くのはフラットダートくらいなものだろう…

しかし整備された悪路、例えばキャンプ場のサイトならぴったりと用途に当てはまる。

また道中の砂利の脇道とか狭い酷道などSSでは入り辛いであろう道もヴェルシスにとってはスッと入って行ける。

そもそもガレ場とか急勾配の狭路などはキャンツー積載してたら避けるべきだろう。

このバイクはロード9.9悪路0.1程度を走るためにちょうど良い。

キャンプ行きたい人も、ロングツーリングに行きたい人もぜひオススメしたいバイクである。

 

また追記したい時にするゾ。かしこ。

 

ユメタマとキャンプ

ただただ積載とキャンプ用品の話。先に断っておくがアマゾンにリンク祭りです。アフィ出来るほど知識がないから安心してね(白目)

やっぱり積載は王道を逝く…ホムセン箱ですね!

 

(この積載法はまずい…バンクさせるとトップヘビー過ぎて荷物が偏るし何より走ってて気持ちいくないゾ…)

 

そもそもキャンツーしたくてホムセン箱を検索したのが運の尽きなんだよなぁ…

ホムセン箱の作成と積載方法は某ブログを引用したので割愛する。じゃけん検索してホモライダーライフを謳歌しましょうね~(ゲス顔)

 

まずキャンプといえばどんな物が必要か。

必要物品

・テント

BUNDOK(バンドック) ツーリングテント BDK-17 [1~2人用]

BUNDOK(バンドック) ツーリングテント BDK-17 [1~2人用]

 

  

 この品は居住性十分、積載はいまいちである。折りたためばいいらしいが、いかんせん面倒。安いことがなによりの取り柄。入口は二方向でメッシュ付。何気にありがたい。

フライを張れば十分な前室を確保できる。ライディングシューズ、ホムセン箱などしまえるほど広い。雨天時の耐久性は多分クソザコナメクジだと思うんですけど… 

ペグダウンのために100均のゴムハンが使える。後述するがゴムハンはクッソ有能なので一本あって損しない!

シュラフ(寝袋)

 安い。あったかい(小並)

コンプレッションバック付でそれなりにいいけど積載面でかなり場所をとる。

氷点下キャンプの際は凍死しない程度の暖かさ。実用できるのは10~20度程度だろう。

マミー型と封筒型のいいとこどりなので器用貧乏な印象。

 

 

これだけあればキャンプはできると思うがなんかたんねぇよなぁ…?

 

テント周辺

 

・グランドシート

ロゴス(LOGOS) ぴったりグランドシート200

ロゴス(LOGOS) ぴったりグランドシート200

 

 テントを傷めないために必須。

大きさに注意。上記のバンドックのテントだとぴったりにならないけど折り返してどうぞ(雨天時水たまりと化す)

撤収時足場の確保に使えるから意外と大きいなりの利点はあるかも。ただタープ代わりにならないのでマイナスかも。

 ・マット

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) インフレーティングマット UB-3005

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) インフレーティングマット UB-3005

 

 これは微妙に失敗したかも。安いしいい品だけどバイクの積載って考えると結構大きくなる。軽いのはいいことだが穴があくと使えないのも難点。空気を入れるのに若干憂鬱になるが、寝心地は安定。車などで運搬する際はとても良いと思う。

 

火器類、調理器具

 ・バーナー・クッカー

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 小型ガスバーナーコンロ圧電点火装置付クッカーセットバッグ付 M-7903

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 小型ガスバーナーコンロ圧電点火装置付クッカーセットバッグ付 M-7903

 

 万能!安い!キャプスタ!アウトドアに自信ニキにはなにかとこき下ろされるがキャンツーだと無類の使い勝手の良さ。日常に火器があるって素晴らしい!

ボンベはいわゆるOD缶なので近場で入手できないと厳しい。意外とホムセンで売ってることが多いので買いやすいメーカーのにしよう。性能なんて必要ねぇんだよ!

申し訳程度の風防があるけど微風でも使い物にならなくなる。

本格的な調理は厳しいかも。あっためることができればいいやって人向け。

ラーツー、コーヒーツーでも使用できるのでよろしい。

EPI(イーピーアイ) ウインドシールド(S) A-6504

EPI(イーピーアイ) ウインドシールド(S) A-6504

 

 こんなウインドシールドと使おう。購入動機は素敵な色だったからです…

・焚火台

尾上製作所(ONOE) フォールディングBBQコンロ F-2527

尾上製作所(ONOE) フォールディングBBQコンロ F-2527

 

 焚火をすれば暖をとれるし、焼き肉も出来る。折りたたみ可能でA4サイズに折りたたむことができ、書類ファイルのようなケースにしまうスタイル。

アルミホイルで武装した方がよいと思う。ケースには炭をつかむ火ばさみ、軍手、うちわをいれておくと忘れ物がなくて便利。網はサイズが合わなくても100均orホムセンで使い捨て網が良い。入れよう。

うちわがないと火起こしが厳しい。あとベスター君(着火剤)をいれておかないとひどいゾ…焚火がすぐつかないとほんとひで。残念ながらネイチャーストーブじゃないので燃焼効率はいまいち。安定する炭で行こう。

・箸、スプーン、フォーク

無名メーカーの奴。鉄製。邪魔にならない。100均でも代用できるため割愛。

・テーブル

キャプスタのアレ。説明不要ッ!

・カップ

100均のステンマグ。鉄が怪しい。火にかけられるけど持ち手が暑くなるのでNG

コーヒーを買って暖めたり、火にかけて保温するのに向いている。鉄が怪しい。

 

 ライト・ランタン

・ヘッドライト

GENTOS(ジェントス) ヘッドライト 449 【明るさ95ルーメン/実用点灯10時間】 HLX-449

GENTOS(ジェントス) ヘッドライト 449 【明るさ95ルーメン/実用点灯10時間】 HLX-449

 

 個人的にライトで最優先のもの。食事の際の手元灯、トイレ時の照明。

これなくて苦労するホモが後を絶えない…

 ・ランタン

GENTOS(ジェントス) エクスプローラー 【明るさ150ルーメン/実用点灯20時間】 EX-757MS

GENTOS(ジェントス) エクスプローラー 【明るさ150ルーメン/実用点灯20時間】 EX-757MS

 

 男色暖色系のLEDランタン。出かける前に電池交換しよう…

 

椅子

ノースイーグルのローチェア。荷物になり過ぎるのでクビだクビだ!

ヘリノックスの無名メーカー変える予定。

 

以上が必須な品物と考える。ここからはロマン装備だ!ついてこれる奴だけついてこいッ!(神姫絶唱)

 コーヒーについて

キャンプで飲むコーヒーはクッソうまい。もちろんインスタントスティックでもおいしいがやはりこだわりたいものだ。

 

 カップは色で選んだ。下記の緑をチョイス。

EPI(イーピーアイ) アルパインマグカップ L C-5104

EPI(イーピーアイ) アルパインマグカップ L C-5104

 

 

ポーレックス セラミック コーヒーミル ミニ

ポーレックス セラミック コーヒーミル ミニ

 

 ロマン装備筆頭。近所のコーヒーショップのお墨付き。

基本的に一人用。ダイヤル調整で細かさを変えられる。紙フィルターじゃない限り細かく挽くのはやめよう。利点はなった気になれること。ハンドルを本体にマウント出来るから小回りが利く。挽いたばかりのコーヒーは風味やら味やらが違うと思う(バカ舌)

ハリオ カフェオール ドリッパー 1人用 CFOD-1B

ハリオ カフェオール ドリッパー 1人用 CFOD-1B

 

 これは100均のステンコップにすっぽりはまる。これ専用なの?と聞かれるぐらいだ。

フィルター性能は荒く引いた豆で何とかってレベル。粉っぽくなるのでよくいえばワイルドだがすべて飲み干すと苦い…適当な買い物が以外とあたった。

 

Coleman(コールマン) パッカアウェイケトル/0.6L 2000010532

Coleman(コールマン) パッカアウェイケトル/0.6L 2000010532

 

 これまたなにかと倦厭されがちなケトル。場所をとるし、中に何も収納も出来ない。

ただドリップしやすいというためで買われたクッソ哀れな奴。実は便利 。

 

 刃物について

明確な理由があれば多少はね…危険物につき自宅の敷地内での使用だよ!!

 研ぎ方の勉強になるのでガンガン使おう。

Green Ace レジャーナタ  N-11

Green Ace レジャーナタ N-11

 

 

小さい(暴言)さび止め塗装のクリアと、持ち手のクソデカシールを除けば携帯性にすぐれてなおかつ外観のいいナタである。安いから気兼ねなくゴムハンで叩けるし、小さい薪のバトニング最適だ。本来のナタの使用法ではないため注意しないとこうだぞ!!

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG

 

 定番のモーラナイフ。バトニングしても歯が欠けない。木を削ったり、フェザースティックの作成に向く。調理には向かない。魚捌くのには向いてるか。いや向いていない。カーボンスティールなのですぐさびる。黒錆加工できるが摩擦の強いことをするとはげてくるので考え物だ。コンベックスグラインド?知らない子ですね…

 

酒飲むとあったまるね!とはいったもので眠りを浅くしたり、トイレが多くなったりなにかとデメリットが多いものだ。気分が大きくなったりするとほかのキャンパーにも迷惑をかける。そもそもバイク、車で来ることが多いからあまりお勧めできない。

 

SALUS バッカス ウイスキーボトル 200ml

SALUS バッカス ウイスキーボトル 200ml

 

 一人の時はさみしいからちょっとあおって寝るゾ。ハイボール、ホット、ショットで行ける。

 

ソロでも団体でもキャンツーはいいものだ。他人の道具も勉強になるし、食材のシェアでも団体のキャンプの利点は大きい。

ソロも一人の時間という意味ではすごくいい。朝焼けの素晴らしさはひとしおだ。

用具をすべてそろえなくてもクッカー&バーナーでラーツーでもいい。バイクとアウトドアけっこーあう。

こんな買い物レシピみたいな記事だがよんでもらえたのならうれしいなぁって…

 

ユメタマってなんだ?

前回までのあらすじ~ZXRちゃんでサーキットやツーリングを走っているとやっぱり…大型の加速力を…最高やなってことになり、大型免許を取ることにした。

 

ステップアップは順当にと思い600ccのミドルからと思った。サッーキットも走ることを考慮し6R君やろなぁ新型出るし。まぁ最初は安くてもかまへんか…

 

ヌッ!ZX-6R(2002年式)

f:id:yumetama:20151209000845p:plain

お~ええやん。菅生のサーキットの灰色の奴をみてちょっと憧れていたモデルだった。

しかし現状は

・海外生産が主流

・タマ(意味深)が少ない

・キャリアも少ない

とちょっとハードルが高い子であった。

 

ちょうどそんなときサーキット走っていた知人の9Rちゃんを目撃する。初めて邂逅した時はでっか!こんなん乗れないだろ!!って思ってあんまり印象にも残らなかった。

 

少し時がたってサーキットの仲間内から9R買う人いない?と声が掛った。

ワイ「ええやん!なんぼなん?」

オーナー「こちら四十五万円となっております…」

ワイ「買います」

 

 ロゴの形が「ユメタマ」に読める。f:id:yumetama:20151209004227p:plain

 

こうして大型取得前に9Rちゃんユーザーとなった。毎日磨いてエンジンかけてたっけなぁ…(哀愁)

 

大型免許は中型の時の反復練習だったので、これといった躓きもなくすんなり取れました。(卒研でクランクおわったとき足をつくクソザコナメクジ)

 

ゆとりライダーなので教習車がNC750Lでした。トルクはすごいけど、これもう中型とかわんねぇな…

 

大型免許もとったことだし、よし乗ろうとホモの聖地コバルトラインに行くことにした。

 

エンジン音はいつも聞いていたが、またがっては初めてだ。

どうも大型ってウイリーするイメージだったからゆっくりクラッチをつないだら回転数足りなくてエンストした…

順調に走りはじめるとまず驚かさせれるのは加速だ。というか速度を感じない。

結構な速度で走っているのに不安定ではない。むしろもっと開けてもいいのよと余裕さえ感じた。ポジションはきつくなくそれでいて戦闘態勢になれるいいポジション。

 

コバルトラインではすべてがあっけなく感じた。あれコーナリングってこんな楽だっけ?立ち上がり頑張らなくても3速で足りるやん!ブレーキタッチよすぎぃ!

 

なによりトルクが素晴らしい。不思議な体験をした初乗りだった。

 

 

 

ピンボケ9Rちゃん

以前は青かったんだよなぁ…

 

実はまだ2年しかお付き合いしていない

 

 

 

 

 

ZXRというバイク

初購入となったバイクであるZXRちゃん。名前的にZRXとまちがえられる。

カワサキ・ZXR - Wikipedia

詳細はM1の項目をみて。どうぞ。(ハイカム?クロスミッション?FCR?レーサーかなにか?)

最初はスーフォアと違うって感想だけだったけど実際ツーリングしてみてわかったことは

なんだこれクッソ早い!そしてクッソ疲れる!

 

排ガス規制の無い世代のレーサーレプリカ頭おかしい。こわいなぁ…とずまりスト4…

 

乗りだしこそポジションはこんなもんか…と思ってたけど走行距離200Km超えたあたりから首と肩の疼痛、握力がなくなる(真顔)

当時は高速で過不足ないトルク、スピード維持していてすごいと思った。

 

それもそのはず豪華装備でこの子、菅生のホームストレートで180km出てるんですよ!精神的におかしいよ…

 

まあツーリング性能はお察しで、

・継続走行距離150kmいいとこ

・そもそも燃料計がない

KWSK特有の電装、油まわりのガバガバさ

・積載皆無

・ポジションお察し…

・アイドリング安定するまでチョーク操作が必要(厳冬期?なんのこったよ。)

というギャップ萌え満載な子だった。たとえばレギュレーターが死んで、出先でセル回らないとか「あっはは~こいつぅ~(血涙)」みたいな事態が頻発していた。高速で燃料無くなるとかもあったな…

 

いいところとしては

・コーナーの回旋性能

・400らしからぬトルク+スピード

・純正ブレーキ性能、足回りの剛性

・かっこいい(重要)

カワサキ(超重要)

 

サーキット、峠では無類の速さだし(乗り手が早いとは言っていない)

 

そもそも怖くて乗りこなせないんだよぉぉぉぉぉ!

 

思うといろんなところにいったゾ…

・奥会津の峠でクランクケース破損

・山形のSAで電装死亡

・福島でクラッチケーブル破断

阿賀野川近辺の49号線付近で狐に抓まれる

は~つっかえ!(暴言)

入渠中のZXRちゃん

 

 

でも悪いからこそ整備スキル、雨天時走行など学べたいいバイクだった。

今でこそ死んでしまったが、機会があればもう一度所有したい。

レーサーもこの型に乗っているがやはりこのカラーリングがしっくりくる。

ただこの相棒には二度と乗れない。なんというか遠方に引っ越した幼馴染みたいな娘なのだ。悲しいなぁ…

 

じゃあなぜユメタマちゃんに乗り換えたのかというと、大型のトルクについていけなかったからだ。乗り始めて若干上達してきた頃に大型乗りと一緒にツーリングに行くことが多かった。コーナーの連続する峠、サーキットならまだしも、信号からの発信、高速に行くと段違いである。マスツーで気をつかわせて神経が痩せていく。

積載面でも到底キャンツーに行くことをためらう状態だった。2日泊で精一杯。距離が稼げず一日300~400kmが限界だった。状態も年式相応で電装がなぁという不満が出てきてちょうど良縁があってユメタマに食いついてしまった。

 

大型乗り換えを考えている諸兄もためらっているなら是非大型に乗ってみてほしい。

レンタルとか試乗でもいい。単純に違うのだ。いいとかわるいとかじゃなく大型は大型なりの利点もある。幼馴染もいいけど、豊満なおねいさんもいいものだ。私の場合は細身スレンダーもいればアクティブなアウトドア派も囲っている。みんな可愛い。

 

 

 

バイクは趣味性の高いものなので好きなのに乗ればいいじゃんアゼルバイジャン!みんなハッピー!(ガンギマリ)

 

 

 

 

 

サーキットのはなし

サーキットってクッソ敷居が高いイメージ。実際初期投資はかなりでかい。

 

 

ヘルメットは持っているものとして…

買わなきゃいけないものはツナギ、グローブ、ブーツ、インナー、あと

 

 コミネ KOMINE 09-000 ヘルメットリムーバー MFJ登録 緊急時脱帽システム クールマックス 吸汗・速乾 抗菌・防臭 イエロー フリー 09-000

 

 

コミネ KOMINE 09-000 ヘルメットリムーバー MFJ登録 緊急時脱帽システム クールマックス 吸汗・速乾 抗菌・防臭 イエロー フリー 09-000

こんなのも必要になる。ここまで最低必要なセット。

あとは便利なものとしてトランポ、レーシングスタンド、タイヤウォーマー、各種工具、ケミカル、ガソリンタンクなどがある。



 

 

 f:id:yumetama:20151124130611j:plain

(インナーもいらないと思われがちだが汗濡れだとツナギが脱げない…)

ツナギとか身につけているものはMFJ規格を通っているほうが好ましいゾ。

レースに出るなら必須。模擬レース、走行会なら必要ないコースもあるがやっぱり欲しい所だ。

身につけている物を安く買おうとしても10万程度。それに走行料も1万前後で設定している。

 

ここまで聞いて辟易としているかと思う。実際自分もそうだった。

 

こればっかりは進めてやるものではなく自分でやろうとしないと続かない事だと思う。

(買わなくてもツナギ貸出してくれるコースもあるが、貸出料金が…)

 

ネガティブな面ばかり言ったがそんなことを忘れるくらいサーキットはいいところなんですよ!(必死)

 

クローズドコースなので対向車、歩行者から解放され、確実なコース、安全な路面が約束されている。勿論早く走って怒られることも無い。むしろ法外な速度で走れるチャンスだ。

初サーキットは免許をとって1ヶ月後に連れて行ってもらった。自分から入っていくのか…(困惑)

環境もよかったのだと思う。初めてのサーキットは動くシケイン程度の速度でしか走れなかった。ポッチャマ

ライン取りも危なげに走行していると弾丸のような後続車がパスしていく。なんでコーナーがあんなに早いんだよ…とか、ストレートキチガイだよ…とか思いながら走行を終えるともう次いつサーキットに来ようかなんて事を考えていた。

レースで順位が出る以外は自己満足ではあるが、誰々より早いとか膝をすったとかタイムを縮めたとかそんなところが最高に楽しい。

バイクなんて趣味性の高いものだから千差万別の楽しみ方がある。サーキットもその1つであるが、どうも他人には進められない。

金額もそうだが、転倒すると死ぬのである。(いや死なないことが多いけど…)そのスリルも楽しいもんだが、やはり無事に帰還したいところだ。

 

まあ色々書いたけどサーキット楽しいよ!って内容なのです(適当)

 

 

免許取得~ZXR400購入

記事一件書いたのち放置気味でしたので、生存確認がてら書いてみます。

 

まずバイクに乗ろうと思ったきっかけですが中学生のころに読んだ

 

 

こ れ で す(ノンケ)

 

そのため主人公が乗っているブラフシューぺリアのようなネイキッドもしくはアメリカンに乗ろうと思っていた時期がありました。(当時はSRいいな~とかどらっくすたあ?かっこいい!とかおもっていたあのころに)もどして。

 

入職し、お金に余裕ができて免許センターに通い始めたのは4年前ぐらいになる。

もう長いこと乗っている気がするが大型を取得したのは去年なのか(驚愕)

 

それまでバイクはスクーターにすら乗ったことのないクソザコナメクジだったが、とりあえず免許とればいいじゃんアゼルバイジャンとの知り合いのすすめもあり地元の免許センターに通い始めた。

 

初めはひどいもんだった。引き起しでできないわ、路上に出た瞬間こけるわでこんな大変なのかと思った。それほどあの頃のスーフォアは扱いづらく、怖いものだった記憶がある。

 

ゴルゴ13似のこわもてのおっちゃん)教官の教えもいいこともあり意外に苦労せず免許取得ができた。免許取得日はほんとドッキドキでバイクって面白いなと思いはじめてきた頃でもあった。

 

さてバイク乗りといえばバイクが必要となる。ワイも「キノ見たいに旅バイクに乗るやで~」と思っていたのだが知り合いにいいバイクあるで!と言われたのがZXR400だった。車検があるのはわかってたし、どうせ乗るならフルサイズでとも思っていたのでふーんなんぼなん?と気軽に聞いたのがまずかった。結局ずるずる乗るはめになり、こんなんただの又裂き機械やんけ!!とおもっていたのだが…

 

エンジンかけたときの明らかにスーフォアとちがう音、謎のチョークレバー。もうそっからカワサキ信者ですよね!

 

邂逅から束の間、実際乗って見ることとなった。なんだこれ三角木馬か(呆れ)

 

ポジションきつすぎィ!!

 

純正がもうバックステップみたいだわ謎のザクホースは干渉してくるわでこれでいいんかと思ってた。ちょっとスロットルをひねって見るとなんだこの加速力は(真顔)

 

これがkwskか…と虜となると同時に初めての洗礼をうけたちょっとなつかしい思い出だ。

 

そのZXRちゃんも他人に売却後、サーキットでエンジンブローしました。お疲れ様です。あんなに過激な400はもう時代から淘汰されていくと思うと切ないゾ…

開設してみました

バイクにまつわることについて書いていこうと思います。淫夢要素はないです。

当面はバイクに乗り出すきっかけからユメタマに乗った経緯を書こうと思います。